ママニック 副作用

赤ちゃんのために摂取するサプリ。
副作用なんて、あるわけがないと思っていましたが
実際あるものなのでしょうか??

 

ママニックの成分を見てみました。

 

ふむふむ・・

 

特に私の体質に合わないものは入ってないようです。

 

妊婦さんは便秘になりやすいのですが
葉酸サプリには珍しく乳酸菌が入っていましたねー。

 

それと当然ながらGMP認定工場製造です。
赤ちゃんのためのものですから、私的に当然です。

 

 

 

栄養機能食品としてはビオチンが入っていました。
ビオチンは皮膚の粘膜を作ってくれ、皮膚病の治療に用いられるくらいなのです。

 

私はアトピー持ちなので、このビオチンにはずっとお世話になっていました。

 

アトピーは遺伝するかもしれないので、妊娠中にしっかりとって、赤ちゃんにはアトピーを受け継ぎたくないですね。

 

なので、馴染みの成分です。

 

さらにママ年代になると白髪もあるひともちらほら居ると思いますが、このビオチンは白髪対策にもなるのですよー。

 

 

あとはママのための美容成分が含まれています。
ツバメの巣や黒酢もろみなどなんか美容に良さそうですね。

 

ツバメの巣ってなんか怪しげですが
身体の免疫システムの監視役をするのだそうです!

 

そして最後に重要なのが葉酸にも種類があって
ママニックの葉酸はモノグルタミン酸の葉酸になります。

 

安価なサプリだとこの葉酸の種類がポリグルタミン酸の葉酸だったりするのですね。

 

どう違うのかというと
モノグルタミン酸の葉酸は吸収率がポリグルタミン酸型の二倍なのです。

 

せっかく飲んでも吸収されなければ意味がないので
ここは大事ですよー。

 

ママにック、副作用についてのまとめ

 

葉酸は基本的に水溶性ビタミンなので不必要な分は尿と一緒に排出されてしまいますので、
余程多量に摂取しないかぎり副作用はなしです!

 

 

400μgの葉酸摂取を推奨されていますので、
ママニックはそれに準じて葉酸が400μg配合されています。

 

ただ、
1日に1000μg以上の葉酸を摂取し続けると副作用が出る場合がある!と注意書きにしっかり書かれていますのでくれぐれも過剰摂取はしないようにしましょう。

 

ママニックの副作用が心配されるとすれば、過剰摂取が有った場合のみという結論です!

 

ママニックはこちらでお得に買いましょう。